Event is FINISHED

【参加無料】ソフトウェア開発・プロダクトマネジメント・UXデザイン・研究開発まで、進化するSansanの知識・経験を語る[Sansan Builders Box]

Description

CTOメッセージ


================
ビジネスの出会いを資産に変え、働き方を革新する
このミッションの実現すべく、我々は Sansan / Eight を中心としたサービス開発に日々取り組んでいます。

Sansan のものづくりは常に進化しています。
ここで得られた知識や経験を共有して、 世のサービス開発の発展に貢献したい。

そんな思いからSansan史上初のサービス開発に携わるものづくりのメンバーを
中心としたカンファレンス、“Sansan Builders Box”を開催するにいたりました。

サービス開発に携わるものづくりのメンバーを中心に、
ソフトウェア開発やプロダクトマネジメント、UX デザイン、
研究開発等の様々な分野の成果を公開します。

多くの方にご参加いただき、知の共有、 交換の場を作ることができればと思っています。

みなさまとお会いできることを心より楽しみにしています。
=Sansan株式会社 CTO 藤倉 成太=


セッション / 登壇者のご紹介(一部抜粋)


■基調講演

『Sharing Knowledge』#Keynote
藤倉成太/Sansan株式会社 CTO
 ゲスト:まつもと ゆきひろ 氏 / Ruby創始者・ネットワーク応用通信研究所フェロー・楽天技術研究所フェロー・Rubyアソシエーション理事長、米Heroku ChiefArchitect, Rubyなど
 *まつもと ゆきひろ 氏はオンライン中継にて参加致します。 

■R&Dセッション

『イノベーションはここから生まれる −Sansan Data Discoveryの挑戦』#Innovation
・西田貴紀 / Data Strategy & Operation Center R&Dグループ 研究員


『文字のゆらぎをどう扱うか? - Sansanにおける自然言語処理の活用』#MachineLearning #NLP
・奥田 裕樹 / Data Strategy & Operation Center R&Dグループ 研究員

■モバイルセッション

『EightにおけるAndroidのリアーキテクチャ』#Android #Architecture
・山本 純平/ Data Strategy & Operation Center R&D Group


『英訳だけじゃダメ!Eight のグローバル展開のための改善』#Android #Global
・辰濱 健一/Eigtht事業部 Global Group スマートフォンアプリエンジニア

■Ruby/C#セッション

『Eightフィードアーキテクチャ刷新を支えた技術について』#Ruby #Architecture
・Carlos Donderis / Eight 事業部 Development Group エンジニア


『名刺のデータ化システムを支える基盤への取り組み』#Ruby #CircleCI
・木田 悠一郎 / Data Strategy & Operation Center Development Group エンジニア


『Azureで新サービスやってます』#Azure #Architecture
・神原淳史 / Sansan 事業部 プロダクト開発部 開発マネージャー

■プロダクトセッション

『プロダクトマネージャーは何と向き合っているのか』#ProductManagement
・長 幸次郎 / Eight 事業部 Mobile App Group プロダクトマネージャー


『業界シェア81% 競合の追随を許さないプロダクトの作り方』#ProductManagement
・尾部 絵里子/Sansan事業部 プロダクト開発部 プロダクトマネージャー


『SansanにおけるUXデザイン - ただの名刺帳ではなく、「相棒」となる価値を体験させること』#UXDesign
・姜 美善/Sansan事業部 プロダクト開発部 デザイナー


■開発プロセスセッション
パネルディスカッション:『 Sansan, Eightの開発マネジメントの実際とこれから』#DevelopmentProcess #Team
モデレーター
・稲垣 直/Eight事業部 Global Group スクラムマスター
パネリスト

・大西 真央/Sansan事業部 プロダクト開発部 チーフエンジニアリングマネージャー

・加藤 淳/Sansan事業部 プロダクト開発部 プロダクトマネージャー

・鈴木康寛/Eight事業部 チーフエンジニアリングマネージャー

■インフラセッション

『名刺データ化システムにおけるAWSとGCPのマルチクラウド活用への挑戦』#Infrastructure #GCP
・大澤 秀一/Data Strategy & Operation Center Development Group インフラエンジニア

『Sansanにおけるインフラから見たRDBMSの運用』#AWS #PostgreSQL
・岩下 訓/Sansan事業部 プロダクト開発部 インフラエンジニア

『SRE全盛期にEightのインフラ担当は何をしているのか』#Infrastructure
・間瀬 哲也/Eight 事業部 Development Group エンジニア


■クロージングセッション

『ビジネスを加速するために、AI で実現したこと、したいこと』#AI
・大隅 智春/テクニカル・エヴァンジェリスト、博士(工学)

詳細はSansan Builders Box公式HPより

◆懇親会

ご来場の皆さま同士、またSansan社員との交流をお楽しみください。
美味しいお料理とお飲み物を用意してお待ちしております!

◆その他

・リストバンド
当日は「Sansan Builders Box オリジナルリストバンド」をお配りします。
ご自身の得意言語・分野のリストバンドを装着して、
皆さまの交流のきっかけとしてご活用ください!
*種類:Java/C#/Python/Swift/Kotlin/PHP/JavaScript/Go/Infrastructure/
Scala/Ruby/Node.js/Perl/UX Design/Objective-C/Product Management/Machine Learning


・セッションについて
セッションは基調講演およびCLOSINGセッションを除き、
3トラックに分割して実施いたします。
当日はご来場の皆さまがお好きなセッションをご聴講出来る
仕組みとなっておりますのでお気軽にご参加下さい!

◆イベント概要
▽タイトル
Sansan Builders Box

▽開催日時
2018年11月10日(土) 13:00〜19:00(受付開始 12:30)

▽会場
表参道ヒルズ スペースオー (東京都渋谷区神宮前 4-12-10 本館B3F) 
http://www.omotesandohills.com/access/
※ 表参道駅 A2出口から徒歩3分

▽イベント内容
各種セッション+懇親会
セッションはKeynoteおよびClosingセッションを除き、
3トラックに分割して実施いたします。当日はご来場の皆さまが
お好きなセッションをご聴講出来る仕組みとなっております。

懇親会ではアルコール提供予定のため、学生の方には参加をご遠慮頂いております。
ご理解いただけますようお願い申し上げます。懇親会までのコンテンツにはすべて
ご参加いただけますのでお気軽にお申し込みください!

▽定員
200名

▽参加費
無料

▽お持ち物
Peatixのチケット(QRコード)と名刺1枚を受付でご提示ください。

イベント詳細は公式HPより

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#383078 2018-10-29 03:25:39
More updates
Sat Nov 10, 2018
12:30 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
表参道ヒルズ スペースオー(表参道ヒルズB3階)
Tickets
一般チケット FULL
学生チケット(セッションのみ) FULL
Venue Address
東京都渋谷区神宮前 4-12-10 Japan
Organizer
Sansan Builders Box
236 Followers